性格

【心理テスト】あなたの"達成感"はどれぐらい?

目標を達成するために必要なのは"達成感"と言われています。

あなたは日々、頑張った自分を褒めていますか?

目標を達成しようと思っていても、モチベーションややる気が上がらないなんてこともあるのではないでしょうか。

今回は目標を達成するための原動力となるあなたの"達成感"について診断していきましょう。

 




Q.あなたはいま、ライオンの姿になっています。お腹を空かせていると、あなたの目の前に大きな獲物が現れました。さて、この後どうなりますか?

A.獲物を逃す

B.獲物したものの、満足できない

C.獲物を捕獲し、新しい獲物を求める

D.獲物を食べて、その後は寝る

 

あなたはどれを選びましたか?さっそく結果をみて見ましょう

 




□この心理テストでわかること

「あなたの達成感」

ライオンは権力や強さを表します。お腹を空かせている様子は"無力感"を感じる状態。そして、獲物は"目標"を意味します。大きな獲物を見つけてから、どんな行動に出たかによって、あなたの達成感がわかります。

 




 

a.獲物を逃すを選んだあなた……達成感度20%

あなたは目標が目の前にやってきたら、物怖じするタイプ。「できるかな...」という不安がよぎってしまうことも多いのでは?もしかしたら、夢を叶えることなんてできないと考えていることもあるかもしれませんね。そうならないために、自分のことをディスカウントせずに、自分をできる人として扱うために「自分には価値がある」と口に出した後に行動してみてはいかがでしょうか。

さらに、自分が安心するために楽しかった出来事や自然の情景を思い浮かべてから、目標にチャレンジするのもひとつ。目標に挑戦するときに怖いと感じてしまうのはとても自然なことだけれど、自分の価値を高めつつ、夢を叶えられる自分として扱うことで、自然と達成感が育ち、目標を達成できるはずです。

 




 

B.獲物したものの、満足できないを選んだあなた……達成感度40%

あなたは目標を達成するのは当然のことだと思っているようです。そのため、目標に向かって頑張るものの、モチベーションが続かずにこんなことしても意味ないのではないかという不安がやってくることも多いのでは?やるからにはとことんやりたいという気持ちとは裏側に、できないことに目が向いてしまいがちな一面もあるのかもしれませんね。

そうならないために、まずは行動した自分を褒めましょう。そして、その目標に対して、できたこととできなかったことを紙に書き出してみて、できたことは「よっしゃ!」とガッツポーズしていきませんか?達成したことを承認することで、肯定感が育ち、モチベーションが維持していくはずです。

 




 

C.獲物を捕獲し、新しい獲物を求める……達成感度90%

あなたは高い目標を掲げて、目標を達成するための努力を欠かせない人です。そのため、理想のためにまずやってみて、ダメだったら、別の方法を考えながら行動するタイプ。あなたの情熱的な野心は高い目標を達成していけるパワーがあります。ただ、理想ばかり追求をしすぎて、達成できない日々が続いたら、一時的に自分の価値が下がっていくこともあるようです。

 

そんな時だからこそ、達成感を味わうことが大切です。悩みやできないことがあるのは、あなたがこれから“成長”していける可能性。たとえ、壁にぶつかったとしても、あなたが行動をしたことはしっかりと承認し、達成感を味わいながら乗り越えていきましょう。

 




 

D.獲物を食べて、その後は寝る……達成感度70%

あなたは目標を達成したら、素直に喜び、満足できるタイプ。次の目標のパワーにしていくために、達成できた自分にご褒美をプレゼントしていることも多いのでは?ただ、そのまま満足をして、「どうしてその目標が上手く行ったのか?」「もっとこうした方がよかった」といった振り返りをする時間のないまま、満足してしまうことも少なくないようです。それでは、今の経験が次の目標に活かされないことも。

 

自分へのご褒美を上げる前に、一度、目標に対して、「機能したこと」「機能しなかったこと」をリストアップして、機能しなかった点は、次の目標にしてみてはいかがでしょうか。行動と改善の繰り返しで、より高い目標に挑戦していくパワーになるはずです。

 

 




□目標を達成するために欠かせない"達成感"とは

やる気を持続させて目標に向かって、チャレンジし続けるために必要なのは「達成感」です。

達成感がなければ、何をやっても満足せずに、長続きできずにいることもあります。

例えば、英会話やダイエットの場合、数日だけ頑張ったとしても、英語がペラペラに話せるようにはなりませんし、すぐに体重が落ちることはありませんよね。

そのため、達成感を感じられないまま、続けていくと、「こんなことをやっても無駄!」など、行動への意欲やモチベーションが上がらずに、投げ出してしまった経験のおありの人もいらっしゃるのではないでしょうか。

だからこそ、目標を達成していくために「達成感」はとても大切なアイテムなのです。達成感を感じるには「物事の捉え方」にあります。それはできかったことに目を向けるのではなく、よかったところに意識を向けることです。

 

英会話では、いきなり話せるようにはならないけれど「今日は単語を3つ覚えた」「話せなかったことが話せるようになった」というようによかったところを見つけて、しっかりと承認したり、ダイエットではできる範囲の小さな目標を立てて、挑戦してみる。

たとえ、立てた目標の半分しかできなかったとしても、半分できたわけですから、「半分もできた!」ときちんと自分自身を肯定して、達成感を味わいましょう。

達成感が育っていけば、自己肯定感が生まれていき、目標を叶える力となるはずです。メンタルトレーニングに興味ある方はぜひこちらの書籍を読んでみてくださいね(やる気を120%引き出す! メンタル強化メソッド)(メンタルトレーナーをめざす人がはじめに読む本 スポーツジャーナリスト・義田貴士の挑戦に学べ!)

 




 

 

-性格

Copyright© tama's counseling room , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.