コラム 恋愛

心理カウンセラーが「ドメスティックな彼女 1巻」をレビュー・心理分析してみた。

 

心理カウンセラーが「ドメスティックな彼女」をレビュー・心理分析してみた。

 

今回は、「ドメスティックな彼女 1巻」のレビューをしつつ、心理分析をしていきたいと思います。



 

「ドメスティックな彼女 1巻」のあらすじ

 

まずは、「ドメスティックな彼女」のあらすじ(裏表紙)を紹介していきます。

 

....勘違いしないでね?

別にこれをきっかけに付き合うとかないし....

多分これっきり....

高校生・夏生は明るくて人気者の教師・陽菜にかなわぬ恋をしていた。

だが、合コンで出会った陰のある少女・瑠衣と関係を持ってしまう....。

そんなとき、父が再婚することに。

相手が連れてきた子供がなんと陽菜と瑠衣で!?

カゲキな新生活が今、始まるっ!

 



 

ドメスティックな彼女 1巻」のストーリー

ドメスティックな彼女の第1巻は、主人公の夏生と合コンで出会った少女の瑠衣とのベットシーンから始まります。

 

合コンで瑠衣が馴染めずにいて、ドリンクを取りにいった瑠衣を夏生が追いかけます。

 

そこで、話が意気投合し、「二人で抜け出さない?」「ちょっとお願いがあるんだよね...」と、瑠衣が提案をする。そこで、瑠衣の家に連れられて、「ここであたしとHしてくんない?」と誘われ、その流れで、瑠衣とのセックスシーンが始まります。

 

ただ、夏生の場合は、彼氏持ちの教師の陽菜に惚れているけれど、その夢が叶わないと知り、陽菜の姿に似ていた瑠衣と、行為に及んでしまったわけだけれど・・・。

 

そんななか、夏生の父親が「再婚しようと思うんだ」と提案をする。そして、そこで相手が連れてきた子供がまさかの瑠衣と陽菜。

 

同じ家に引っ越したり、瑠衣が夏生と同じ学校に転校してきたりと、話は進むけれども、陽菜の天真爛漫な姿に惹かれて、酔っ払って寝ている陽菜にキスをしようとするが、瑠衣に見られてしまったり・・・。

 

夏生は、瑠衣に見られたことが気がかりで、寝坊をしてしまって、寝癖がひどい状態で、学校に行ってしまったけれど、瑠衣が寝癖をなおしてあげたことを機に仲直りをして、クラスに馴染めずにいた瑠衣をクラスに馴染ませようと特訓を開始。瑠衣と夏生の特訓している様子を見たクラスの人たちが大爆笑し、無事に周りと打ち解けられる。

 

そんな風に話が展開されていくわけだけれど、陽菜が彼氏と会って戻ってきた時に、様子がおかしかったりなど、不倫をしているのではないかと疑った夏生は、直接、陽菜に確認し、「子供が踏み込むべきじゃない」「大人の世界」と、話を終わらせようとする陽菜に、無理やり夏生は、キスをしてしまい、夏生に向かってビンタをし、逆に陽菜が夏生にキスをして、夏生をベットに押し倒して、1巻は終了します。



ドメスティックな彼女 1巻」を心理分析してみた。

 

今回は主人公の夏生の心理分析をしてみようと思います。まず、最初の瑠衣と夏生のベットシーンは、とても印象的でしたよね。

 

高校生は、まさしく「思春期」で、からだの変化していく時期です。「私はなんなのか?」「どう生きたらいいのか」など、自分に直面をし、自分の内側に意識が向く時期です。

 

心と身体が急激に成長を迎えるため、それに伴って、好奇心や興味もたくさん向きやすい時期です。ただ、気分の浮き沈みが激しい時なので、「これしかない!」と感じていたものが、急に冷めてしまったり、逆に、冷めていたものが、続けたくなったりします。

 

思春期という自我がまだ確立しきれていない時期だからこそ、瑠衣に誘われて、流れで童貞を捨てて、後悔してしまったり、先生のことが諦めきれなくて、キスしそうになったりしそうになって、気持ちが揺さぶられます。

 

ただ、夏生にとって、瑠衣は「肉体的なアニマ」だったのかも・・・。

 

アニマというのは、ユング心理学では、男性の心に無意識に潜む女性像のこと。さらに、アニマには4つの段階があります。「肉体的なアニマ」→「ロマンティックなアニマ」→「霊的なアニマ」→「叡智なアニマ」の段階に、成長をしていきます。

 

アニマの段階

1.肉体的な段階・・・肉体的な欲求を満たされるなら、女性であれば誰ともいいといわれるレベル

2.ロマンティックな段階・・・性的な対象ではなくて、一人の異性として愛着や魅力を感じるレベル

3.霊的な段階・・・性的なものを完全に切り離して、精神的な敬意と魅力を感じるレベル

4.叡智な段階・・・性的なものを一切排除をし、深い叡智や敬意を持った神の領域のレベル

 

そして、夏生にとって、陽菜はまさしく、ロマンティックな段階といえるのではないでしょうか。とても明るくて、優しく包み込んでくれる陽菜先生にどんどん惹かれていく夏生の恋はどうなるのかが楽しみですね。

では、次回も楽しみにしています。

 

 



 

-コラム, 恋愛

Copyright© tama's counseling room , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.